FARO DATA PIPELINE

高品質なデータは資産
低品質なデータはリスク

データは経済的価値を生み出す資産です。
金銭的・物理的な資産として、使用しても失われることがない資産。簡単にコピーできるものの、いったん喪失してしまうと再現な困難という、特殊な性質を持つデータという資産。 この貴重な資産を適切に維持・管理し、企業活動を支えるインフラとしての活用基盤を整備する必要があります。
── その第一歩が、散在するデータを集約・管理するためのデータパイプライン構築です。

FEATURES

FEATURES FARO DATA PIPELINE の特長

データ収集自動化が、時間を作る

データの収集や集計、クリーニングで、貴重な人的リソースを浪費しません。 データを活用した施策実行や検証など、人的リソースを本来のタスクに集中させます。

多角的視野の確保

ビジネスの結果は複雑な因子が絡み合っているため、部分最適が全体最適を損なうこともあります。そのため、さまざまなデータを整理・収集・蓄積し、活用しやすい環境構築が必要です。

来たるべきAI活用のファーストステップへ

活用が進むAIや機械学習による意思決定支援ですが、その有効性を左右する条件は、正しいデータが蓄積されていること。その環境構築こそ、データパイプライン構築です。

Functions

機能一覧
01散在するデータを収集、統合、変換して蓄積

データ活用前段階の収集プロセスを自動化できます。データをビジネスに活用しやすくするインフラを構築します。

02自社保有データと各種マーケティングデータも収集

自社で保有するデータ(例:会計や売上、店舗)と広告・マーケティングデータ(例:広告やSNS、サイトアクセス)に加えて、第三者機関データを統合することも可能です。

FAQ

よくあるご質問
Q1機能の詳細について知りたい

近日公開予定となっております。
お問い合わせいただければ、正式公開時にご案内させていただきます。

Q2 導入検討から導入完了までのプロセス、期間について知りたい

お客様が集約を想定されているデータの範囲、種類によって異なります。
詳しくはお問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせフォーム